適切な治療を行う重要さ

カウンセリング

感染予防にも大事

いぼには種類があります。加齢に伴い発生する老人性疣贅以外のものはウイルスが原因で発生します。いぼの内容物が付着した手で身体を触ると菌が拡散するので新たないぼの発生の原因となります。また、人目につきやすい部位にできると美容の観点から悩みの種になるケースがあります。そのため、医療機関において治療を行います。また、どのような種類のものであるかを判断するためにも治療をすることが重要となります。種類によっては、そのままにしておくと癌の原因になる可能性もあるからです。ウイルスが原因で発生するものがほとんどであることから、そのままにしておくとお風呂などでタオルを使用した際に患部がタオルに触れることでウイルスがタオルに付着します。そのタオルを家族が使用することで感染する可能性もあります。このような感染を防ぐためにも治療を受けることは有効です。このように、自分自身の身体を守るためだけでなく、家族など周囲の人にも影響を与えないために治療を受けることは有効です。いぼを取り除く際の治療方法として最も一般的なものは液体窒素を使用した方法です。これは液体窒素を患部に触れさせて治療をするものです。医療機器が必要ではなく、高い医療技術が必要というものではないので第一選択肢として利用されます。しかしながら、液体窒素を使用する方法では痛みが強く出ることから子供が恐怖心を感じる可能性がありますし、定期的に治療を受けることで効果を発揮します。また、色素沈着が起こる可能性があるので顔や首など目立つ場所には不向きという問題点があります。液体窒素での治療が困難と判断されると手術により直接切除する方法やレーザーを使用した方法が選択されます。いぼの種類によって、効果的な方法は異なるので、医療機関において適切な診察を受けることがポイントです。また、液体窒素を使用した方法で効果なない場合に、すぐに他の治療方法に変更することもポイントです。つまり、症例数が多く、治療方法も確立されているいぼ治療であっても、治癒具合によっては他の選択肢にする必要があります。